福原愛が大学客員准教授に就任! ほんわか艶バストで講義人気バクハツ!?

元卓球選手でタレントの福原愛が11月4日、青森市にある私学の青森大学客員准教授に就任。辞令交付式が行われた。

「青森の地元放送局各社は、福原が大学の理事長から直々に辞令書を手渡しされる場面を放送。大学の福原への期待度がうかがえました。大学の辞令交付式なんて聞いたことがありませんが、両者、いい宣伝になったことでしょう」(地元紙記者)

福原の最終学歴は早稲田大学中退。本人が高校時代から強い希望を公言し、同大学に入学したものの、中国卓球リーグの参加もあり、ほとんど通学することはなかった。そのことで非難を浴びたこともある。

「大学教員は原則、大学院卒ですが、社会的な実績、研究実績があれば中学卒でもなれます。福原は五輪のメダリストですから、大学中退でも社会的な実績は全く問題ないと思います」(教育系ライター)

大学では、国際コミュニケーションについて教えるという。

「シラバスが公表されていないので正確には分かりませんが、コミュニケーション論ならば情報伝達について講義するのでしょう。国際コミュニケーションということなので、外国人との交流の仕方を教えるのかもしれません」(同・ライター)

元夫が住む台湾でも話題に

青森大学の理事長は「国際コミュニケーションの分野で身をもって経験があるので、そのあたりのことを学生に教えていただきたい」と、交付式で福原に語っていたが…。

「現実を言えば、福原のキャリアで知的な講義はほぼ無理でしょう。そこで、ぜひとも〝恋愛〟を語ってほしいという要望があるそうです。〝どうすれば異性に好かれるのか〟といったもので、答えが出ない究極の学問。とはいえ、立派なコミュニケーション論です。福原が語れば、すぐ外に広まり宣伝にもなる。アイドル顔と豊かな艶バストで台湾、中国でも人気抜群。大学の狙いが話題作りだとしても、それは批判するものではありません」(同)

福原は今年、2人の子供を台湾に残したまま、日本で既婚男性と〝ダブル不倫〟を楽しむ姿を週刊誌に報じられた。その後、卓球選手の夫とは離婚が成立。

「福原の大学教員就任は当然、台湾でも話題。現地の大衆紙には、福原は〝マスコミ被害〟を教えるという皮肉記事も書かれています。マスコミ論もコミュニケーションのうち。福原は被害を語り、自分を正当化するというのです」(芸能記者)

何はともあれ、楽しい講義となりそうだ。

引用元:https://weekly-jitsuwa.jp/archives/38252,記事の削除・修正依頼などのご相談は、下記のメールアドレスまでお気軽にお問い合わせください。[email protected]

コメント