自分の作ったスカートをクレクレする女子。私「本当に無理だから!」女子「…(泣)」私(えっ?今まで強気だったのに?)→そこへ男達が来て…

355:  (水) 00:17:08 ID:???

自分から見せて来る人はむしろ「作って~」と言われたくてやってるんじゃないかと。

学生時代、ガンガッテ作ったスカートを着てたら一緒の授業を取ってる子にクレクレ言われるようになった。

喋ったのはそのときが初めて、名前も知らないし、どっちかと言うと目立つグループの子が毎日のようにクソ地味な私に付きまとうようになりだした。

そのスカートはソーイング教室で先生の型紙を使わせて貰い、何がどうなっているのかサッパリ分からなくて何度もほどいてやり直ししてどうにか完成したもので自分でももう二度と作れない、と言うか二度とあんな作業したくねえと

思う作品だったので丁寧に説明して断った。

諦めない。

翌日も来る。その次の日も来る。挙句に「もう作れないとか言うんだったら、それちょうだい」と言いだした。スカート

引っ張られて本気で困って「本当に無理だから!教室教えるからそこで作るか、似たようなの売ってるのを探すかして!

私のはがんばって作った思いいれもあるし、こんなの人様にあげるなんて恥ずかしいしできない」と半ば怒鳴るように

断ったらそれまですごい強気で、

「ねーねー、なんでー?もういいじゃん、何回も履いたんだからもういいでしょおー!」

と言ってたのに、急に目がうるうるしはじめ涙がぼろぼろ零れ始めた。

言い過ぎた!と思って慌てて謝ろうとしていたら、後ろから来た男子学生が泣いている彼女に「どうしたの?」と聞き、

彼女はしゃくり上げながら「この子が履いてるスカート、すごく可愛いから、何処で買ったのかなって・・・。売ってるとこ

教えて貰いたかっただけなのに・・・、なんかすごい・・・怒らせちゃったみたいで・・・ごめ・・・ごめんなさい・・・。」言ってるうちにあっと言う間に人だかりが出来、(男ばっかり)そいつら全員私を睨みながら、

「ほんっと子供じゃないんだからさー、売ってるところくらい教えてやんなよー。」

「可哀相にー、泣かせることでもないだろうに。」

と言いだし、私一人が悪者にされた。女って怖いなと思った。

それからそのクラスではなんでだか私は肩身の狭い思いをし、イジメじゃないけど何かそんな気分だった。

後日その女に「今からでも遅くないんだけどなーーーー?」とか言われたときは、ひっぱたいて落ちるところまで落ちて

やろうと思ったけどどうにか堪えた。

今思い出しても悔しくてたまらない。

356:  (水) 00:49:19 ID:???

>>355本当に気の毒な話だな。乙でした。

女は恐ろしく、そして男はバカ。

そんな人間と一線を画すことができて良かったんだと思おう…

357:  (水) 01:06:29 ID:???

味方してくれる友達の一人もいなかったのか… かわいそうに。

358:  (水) 01:07:23 ID:???

>>355うわー・・・乙。

よく我慢したね。エライ。

読んだだけで軽く殺意が湧いた位だから、当時はもっと辛かっただろうね。

>女は恐ろしく、そして男はバカ

言えてるw

格好や外見を気にるす女ほど恐ろしく、格好や外見しか見ない男程バカ。

359: 355 (水) 01:20:57 ID:???

当時は泣いたら負けだ、泣いたら負けだと自分に言い聞かせてた。

元々自分の取ってる授業とは全然違う、なんと言うかオプションで取ったようなクラスだったからいつも一緒の友達も

いなかったしほとんどが男子学生ばかりだったのでかなり無口で暗いヤツだったと思う。(別に男が苦手とか言うわけではないが)

そして文系の私にとってその授業はめちゃくちゃ難しく、付いて行くのに(ノート取るだけで)必死で友達探して一緒に座ろうとか言う余裕もなかった。

さらに年度初めの事件だったから(五月初めくらいだったかなあ)一年間針のむしろだったよ。

そんで卒業する時になってから男の一人が、「あれ本当はあいつの方がしつこく作れ作れって迫って来てたんだってな。

知らなくって責めてごめん」と謝って来た。

顔では「いいよー、気にしてないから~」と笑って見せたけど、腹の中で「今更なんじゃああああ!!」と叫んでた。

大分年とってたくましくなったので、今ならもっとハッキリ言えるんだがな。

360:  (水) 01:36:34 ID:???

心底乙。

謝ってすむもんじゃないけどとりあえず誤解がとけてよかったな。

つーか、なんでわかったんだろ。

その女が自爆してくれてるといいな。

361:  (水) 02:55:18 ID:???

>>359>あれ本当はあいつの方がしつこく作れ作れって迫って来てたんだってな

男の子が誤解してたことを謝ってくれたってことは女の子は真実知ってる人のほうが多いんじゃないかな。

そんなにしつこく作れ作れって言ってるのを見てない人がいないわけないと思うよ。

実際どこからか漏れてたわけだし。

一人でもちゃんと謝ってきてくれる人人がいてよかった!!

362:  (水) 03:18:02 ID:???

最終的に判ってくれる子が、ちゃんといて安心した。

真実を知っらなかった男達も、人間の裏表を少しは学習したのではないかと。

363:  (水) 04:24:13 ID:???

普通後から分かっても「謝ろう」ってなる人は少ないと思うから

その謝ってきた人だけでなくって、最終的には皆知ってたんじゃないかと思う。

ひっぱたかなくって良かったんだよ。

叩いてたら今までの経緯は抜きで加害者になるから。

364:  (水) 06:54:04 ID:???

>ほんっと子供じゃないんだからさー、売ってるところくらい教えてやんなよー

子供じゃないんだから人前でビービー泣いてんじゃねえよと思うがw

思うに、355さんの知らないところで化けの皮が剥がれたんじゃなかろうか

男の前でブリブリする女はもれなく同性に嫌われるし、他にも何かやらかして自爆したんだろう

366:  (水) 08:20:57 ID:???

当時の355さんの横に行って加勢してあげたい!!

男でも賢い人はすぐ正体に気づくと思うけどね

しかし、寄ってたかっては理解できんなあ

女同志の揉め事には普通首突っ込まんでしょう

若い子たちだからいいところ見せたかったんだね

クレ子が今どこでどうしてるか知らんけど

ああいうのは一生治らんだろうから

ここの住人のそばにいたりしてね・・・gkbr

367: 355 (水) 11:56:36 ID:???

みんなありがとう・゚・(ノД`)・゚・

当時は変なプライドと言うか、正義感があって仲のいい友達に何度も話そうと思いながら、

「でも悪口や告げ口に聴こえるかもしれない、現場を見ていない人に自分の話だけをして味方になって貰うのは卑怯かも。」

と考え、結局その頃の友達には何にも話してない。

でも学期初めにそういう事になって、無関心な人達までが私を睨んでいるような気がしてやっぱりつらかった。

ずっと「私は別に遊びに来てるんじゃない、授業を聞きに来てるんだから。他の生徒は関係ない、先生の話を聞くんだ」とか

そんなことばっかり考えていたので、結局授業は全然頭に入って来ず_| ̄|○

その頃ここがあったらぶちまけてたと思う。

ちなみに最後に謝ってきた子に、何でそんな事を知ってるの?と聞いたら、クラスの男の子でいつも一匹狼的な子がいたんだ

けども、誰ともつるまないし誰の悪口も言わない代わりに誰かが責められていても結構無関心と言う子で、卒業間近に就職先が

一緒だとかで話すようになったらしい。

その子は私が付きまとわれている時と、最後に怒鳴った時をずっと見てたそうだ。

でも基本的に人と関わるのは面倒なんでその後も見てたけど特に構わずと言う状態だったらしい。

それがたまたま一緒に話している時に女って怖いなーと言う話題から、私の話になり「女って服がかぶるのがそんなにイヤな

もんかねえ?意地悪なヤツだよな。」みたいな事を言ったら、「それ違う」と。

彼の説明を聞くうちに全身に水掛けられたみたいに汗をかいたと言っていた。

散々陰口叩いてごめん、他のみんなに説明しておくね、と何度も頭を下げられたよ。

謝りに来るのは相当勇気がいったと思う。話を聞いた翌日の朝一番に全然別のクラスにいたときに呼ばれて驚いたよ。

彼が取ってる授業はその建物では一つもないので、わざわざ来てくれたんだーと思うとちょっと泣けた。

結果的にはAはみんなに軽蔑されていたけど、卒業間近だったんであんまり気にしてなかったみたい。

369:  (水) 12:45:24 ID:???

>>367謝罪してきた奴は勇気があるんじゃなくて、「かよわい子を苛める女をやっつける正義感に溢れたカコイイ俺」が成り立たなくなるのが怖くて、「自分の非をいさぎよく認めて謝罪する俺カコイイ」になろうと浸ってるただのバカ。

卒業間近ってことは騒動から半年以上たっているわけだよね

たとえAの言ってたことが事実だったとしても、「泣かれようがどこの店服買ったか教えなかった」程度のことを当事者でもない連中が半年たっても陰口たたき続ける時点で十分異常

それで真相がわかったら被害者面してAを軽蔑するって絶対近寄りたくない集団だ。

つるまない男子の気持ちがよくわかる。

374:  (水) 15:02:34 ID:???

>>369それでもグダグダにしないで謝ろう!てなったんだから基本的にはいいやつなんじゃないのかなーと思ってしまうのは甘いのか。

引用元:http://kazokuchannel.doorblog.jp/archives/58534974.html,記事の削除・修正依頼などのご相談は、下記のメールアドレスまでお気軽にお問い合わせください。[email protected]

コメント