“青い血”を流しながら救急救命室にやってきた…そして原因が判明!?「体も青く…血までも青く 」

青い血の人が実際に存在し、衝撃を与えています。

かつてCNNは「感覚を麻痺させる薬が女性の血を青くした」という見出しの記事を報じました。

アメリカのロードアイランド州にある病院の救急救命室に「青い血」の女性が運ばれてきました。

「青い血」の主人公は当時25歳の女性で、呼吸困難と疲労感を訴えて入院しました。

彼女が病院に来た時は、顔面蒼白で血も青くなっていました。

医師は、患者が前日に歯の痛みを緩和するために局所麻酔剤の成分が入った鎮痛剤を服用したため、このような症状が出たと推定しました。

患者が服用した鎮痛剤には、皮膚の神経を麻痺させる成分が含まれているが、これを過剰摂取したことで副作用が生じたのです。

この成分を過剰摂取すると、脱力状態になり、皮膚や爪などが青くなることがあります。

医師は、この患者を「後天性メトヘモグロビン血症」と診断しました。

ヘモグロビンの一種であるメトヘモグロビンが異常に増加したものです。

正常なヘモグロビンの場合、2価の鉄イオンを持っているが、メトヘモグロビンは3価の鉄イオンを持っているため、酸素と結合することができません。

このため、メトヘモグロビンが増加すると、全身に酸素が効果的に運ばれず、血液が不足して心臓や脳に合併症が生じたり、昏睡状態に陥り、最悪の場合死に至ることもあります。

医師は、患者にメチレンブルー(3価の鉄を2価に還元する薬)という解毒剤を投与し、患者の状態は回復しました。

患者を診断した医師は「今回の事例は、私たちが学び、研究し、試験を受けてきたが、ほとんど見ることができない珍しいケースである」と述べました。

引用元:https://www.hachi8.me/4538648-2-seok-3/,記事の削除・修正依頼などのご相談は、下記のメールアドレスまでお気軽にお問い合わせください。[email protected]

コメント