【悲報】眞子さま、小室圭さんとの結婚前に驚きの新事実が発覚

1: ひえコペ 2021/09/14(火) 21:11:25.25 ID:84UPwuor0 BE:294225276-PLT(13000)

宮内庁の正式発表を待たずに、眞子さまの“年内結婚計画”の詳細が次々に報じられている。

「眞子さま10月にも婚姻届 宮邸離れ、渡米の準備」と報道。なんと眞子さまは、小室圭さんとの婚姻届を10月に提出されると同時に秋篠宮邸を出ていかれ、

マンションなどに転居されるというのだ。

「眞子さまは渡米のためにパスポートとビザを取得する必要がありますが、小室さんとの結婚を先に済ませて、一般人になられてからでないと手続きができないのです。

一日も早くニューヨーク行きを実現させるために、

婚姻届の提出を急いでいらっしゃるのでしょう。ただ、驚いたのは秋篠宮邸から引っ越しされる計画のことです」(宮内庁関係者)

皇族のための住居である宮邸に、一般人の“小室眞子さん”が滞在されることは、渡米までの1~2カ月であっても許されないのか。

元宮内庁職員で皇室ジャーナリストの山下晋司さんに聞いた。

「眞子内親王殿下の婚姻届が受理されると、“小室眞子”としての戸籍や住民票が新たに作られることになります。たしかに、厳密に言うと宮邸や御用邸などに皇族以外の者が住むことはできません。

■警備費用は2カ月で2千万円超か 上皇ご夫妻の長女・黒田清子さんも、新築の分譲マンションへの引っ越し前に約半年間、

夫の慶樹さんと新宿区のマンションに“仮住まい”していた。芸能人も住む強固なセキュリティの物件で、

50平方mほどの1LDKで家賃は20万~30万円だったといわれる。

約1億4千万円の一時金も辞退し、ニューヨーク生活に金銭面で不安があるなか、余計な出費は避けたいはず。なぜ眞子さまは秋篠宮邸から出ることにこだわるのだろうか。

しかも、日本にいらっしゃる間の警備費用は公金で賄われることになる。

「眞子さまは、一般人となる以上、秋篠宮邸で世話になるわけにはいかない、とお考えなのかもしれません。

1日20人が2カ月間投入されるとすれば、費用は2千万円を超えるでしょう。

眞子さまへの注目度を考えれば、さらなる人員が必要になってもおかしくありません」

(前出・宮内庁関係者)

引用元:https://coolpan.net/politics/princess-makos-first-surprise-marriage-to-kei-komuro-has-been-revealed/,記事の削除・修正依頼などのご相談は、下記のメールアドレスまでお気軽にお問い合わせください。[email protected]

コメント