爆問・太田光「ご愁傷様」騒動拡大で妻の光代氏も大炎上!「消えてみたい」病む事態に

お笑いコンビ「爆笑問題」太田光の妻で、芸能事務所タイタン社長の太田光代氏が、ツイッターで大炎上。《消えてみたい》《さようなら》などとこぼす事態に陥っている。

問題の発端は、夫の太田が10月31日に出演した『選挙の日2021 太田光と問う!私たちのミライ』(TBS系)で、選挙特番の司会に初挑戦するも、番組内で政治家に投げかけた言葉や態度があまりにも悪く、大きな批判を浴びたこと。

太田は、自民党の二階俊博元幹事長に「いつまで政治家続けるつもりですか?」と切り込んで激怒され、れいわ新選組の山本太郎代表には激論の末に「あいつ態度悪いね」と吐き捨てるなど、やりたい放題。特に、自民党の甘利明幹事長に太田が放った一言「ご愁傷様」については、当日に光代氏がツイッターで釈明に追われていた。

アーリンとは、光代氏がツイッター上で太田のことを指すときに使う呼び名。この時点では、軽い「言い訳」で許されると思っていたフシもあるが、夫の太田に対するネット上の批判は時間を追うごとに増え続けた。妻である以前に、事務所社長としての立場もある光代氏は「正式な謝罪」に切り替えるかと思いきや、なんと彼女は「反論」に出たのである。

だったら選挙特番とか出すなや

この開き直りとも取れるようなツイートで、光代氏にも批判が殺到することに。

その後も光代氏は反論していたが、《貴重な皆様のご意見。ありがとうございました。今後の参考にさせていただきます》と締めくくり、《誰のためでもありません。ただ消えてみたいです。そんな気分になったことはないですか。》《さようなら》などとツイートしたのである。

ただ、《消えるとは。まさか死ぬようなご迷惑をかけるようなことではありません。自由になるということですから。どこかでひとり生きることです。》ともつづっていたため、大きな騒ぎにはならなかったが、精神的に追い込まれていたのかもしれない。

番組中、太田は「俺、向いてないね」と自虐していたものの、「#太田光をテレビに出すな」というハッシュタグができるほど、騒ぎは拡大している。毒舌がウリの太田も、少しは大人しくなりそうだ。

引用元:https://weekly-jitsuwa.jp/archives/37542,記事の削除・修正依頼などのご相談は、下記のメールアドレスまでお気軽にお問い合わせください。[email protected]

コメント