【感動】妻の遺骨を飛行機に持ち込んだ男性、すると客室乗務員が信じられない行動に…

今回は過去に新聞に掲載されたとても素敵な記事をご紹介します。

投稿されたのは半世紀以上も連れ添った奥様に先立たれた男性の方で、その日奥様の葬儀を終え故郷へと帰る時のことでした…

男性は奥様の遺骨を抱え機内へと乗り込み、当たり前のように遺骨を棚の上に置き自身は席に着くのでした。

しかし、そこに来た客室乗務員は信じられない言葉を男性に掛けるのでした…

「隣の席を空けております」

とても感動的な記事です是非ご覧ください。(少し読みづらいと思いますので、下に文字に起こしてあります。)

半世紀以上も連れ添った妻に先立たれた、横浜市の知人男性からこんな話を聞いた。

男性は葬儀を終えた後、故郷である佐賀県唐津市の寺に納骨するため、羽田空港から空路、九州へと向かった。

遺骨を機内に持ち込めることは知っていた。でも入れたバッグがかなり大きく、念のため登場手続きの際に中身を伝えた。

機内に乗り込み、上の棚にバッグを入れて席に着くと、客室乗務員がやって来てこう言った。

「隣の席を空けております。お連れ様はどちらですか?」

搭乗手続きで言ったことが機内に伝わっていたのだ。

男性が「ああ、上の棚です」と説明すると、乗務員はバッグごと下ろしてシートベルトを締めてくれた。

飛行中には「お連れ様の分です」と飲み物も出してくれたという。

「最後に2人でいい“旅行”ができた」と男性。

その表情を見ていたら、こちらも温かい気持ちになった。

男性は当たり前のように奥様の遺骨は手荷物扱いだと考え、機内には持ち込んだものの棚に乗せましたが、実は奥様用に席を空けていると言う客室乗務員。

いくら遺骨であったとしても大切なご家族であることには変わりない。これは正真正銘の神対応と言えるでしょう。

旦那様のお気持ちになると、つい涙ぐんでしまいますね。

非常に感動的で素敵な記事でした。

引用元:https://buzzbuzz-net.com/hikoki-tsumaikotsu/,記事の削除・修正依頼などのご相談は、下記のメールアドレスまでお気軽にお問い合わせください。[email protected]

コメント