明石家さんま弟の死因とは?壮絶な過去まとめ

明石家さんまさんのプロフィール

明石家さんまのプロフィール

本名:杉本 高文(すぎもと たかふみ)

別名義:笑福亭さんま(旧名)

生年月日:1955年7月1日

血液型:B型身長172 cm

方言:関西弁

最終学歴:奈良県立奈良商業高等学校

師匠:2代目笑福亭松之助

出身:吉本興業東京本社事務所よしもとクリエイティブ・エージェンシー(マネジメント)

活動時期:1974年 -

同期:関根勤島田紳助オール阪神・巨人桂小枝桂千朝桂吉朝

配偶者:大竹しのぶ(1988年 - 1992年)

受賞歴

1982年 花王名人大賞 新人賞1982年 日本放送演芸大賞 ホープ賞1983年 日本放送演芸大賞 奨励賞1985年 日本放送演芸大賞 優秀賞1985年 花王名人大賞 大衆賞1986年 ゴールデン・アロー賞 芸能賞1986年 日本放送演芸大賞 特別賞1987年 日本放送演芸大賞 大賞1999年 ギネス・ワールド・レコーズ

主な番組

レギュラー番組痛快!

明石家電視台踊る!

さんま御殿!!

ホンマでっか!?

TVさんまのお笑い向上委員会ほか

壮絶だった!明石家さんまさんの生い立ち!

明石家さんまさんの母は早くに亡くなる

明石家さんまさんの母は、さんまさんが3歳のときにお亡くなりになっています、死因は分かりませんが、しばらくさんまさんは親戚に育てられたようですね。母親の記憶はほとんどないそうですよ。

義理の母について

明石家さんまさんが小学校高学年の時、父が再婚したため、さんまさんに義理の母ができました。しかし、義理の母は連れ後の本当のお子さんしか可愛がらなかったそうですね。つまり、明石家さんまさんの弟になるわけですね。明石家さんまは、義理の母親を笑わせたくて面白いことをたくさん考えていたようです。これが今の明石家さんまさんの原点ですね。

弟について

弟だけ可愛がられて悲しい思いをした明石家さんまさんですが、弟のことはとても可愛がっていたようです。明石家さんまさんのことをとても尊敬していたようですね。兄弟の絆は血は繋がっていなくても固いものがあったようです。

明石家さんまの悲しすぎる「チビ」と呼んでいた弟の死

弟の死…死因は焼死

弟を溺愛していた明石家さんまさん。しかし、明石家さんまが27才、弟が19才の時に明石家さんまさんの実家が火災になり、弟が亡くなってしまいます。明石家さんまさんは、弟さんのことをこう語っています。「ぼくのことを昔から、すごく尊敬してくれるやつでね。ぼくがいうことはすべて正しいと思っていたみたいですよ。自分にも、それから他人にも、素直に自分をさらけだせるやつでしたね。ぼくもサッカーやったけど、チビのほうがすごいんですよ。」

一生のなかでこれ以上の悲しみはない

明石家さんまさんは、弟の死を一生の中でこんなに悲しいことは無いと語っています。しかし当時の週刊誌は、明石家さんまさんの弟の死因を「19才の弟は自殺だった?」という内容で報道。これにさんまさんはそんなはずはないと、余計に悲しい思いをしたといいますね。

弟さんの報道に涙した明石家さんまさん

明石家さんまさんは、「あいつは自殺するような人間やない・・・もし自殺するほど苦しんでいたら、ぼくにひとこと相談したはずや」と涙ながらに語っていたようですね。おそらく本当に自殺ではないのでしょう。ネットでは他殺説も囁かれていますが、陰謀論好きな人が勝手に予想しているだけなので、正しい情報ではなさそうです。

その後の明石家さんまさん

大竹しのぶさんの連れ子への接し方

明石家さんまさんは、義理の母に冷たくされた過去があります。そのつらい経験は自分の子にはさせたくないと、大竹しのぶさんの連れ子にはとても優しく、IMALUさんと同じように接していたそうですね。とてもよい父親だそうですよ。

ボスと呼ばせていた理由

明石家さんまさんは、お子さんにボスとよばせていたそうですね。それは、お父さんと呼びにくい連れ子のためにそのような呼ばせ方をさせていたそうです。

明石家さんま弟の死因とは?壮絶な過去まとめ

いつも明るいイメージの明石家さんまさん。実は、弟さんを失っていた悲しい過去がありました。明石家さんまさんの弟の死因や壮絶な過去について情報をまとめました。

明石家さんまの弟の死因や壮絶な過去についてまとめ

・明石家さんまは幼い頃に母親を亡くしており、その後父親が再婚した義母は、実の子供である弟しか可愛がらなかったという。

・明石家さんまの弟は実家が火災になったことにより亡くなっているが、自殺ではないかという報道もされている。

・明石家さんまは義理の母に冷たくされた過去から、大竹しのぶの連れ子にはとても優しく接していたという。

ここまで、明石家さんまさんの弟や過去についてまとめてきましたがいかがでしたか?このような壮絶な過去があって今の明石家さんまさんがあるのですね!!壮絶な経験をされてきた明石家さんまさん。今後も、明石家さんまさんの活躍に期待ですね!!

引用元:https://kyun2-girls.com/archives/1390/&page=0,記事の削除・修正依頼などのご相談は、下記のメールアドレスまでお気軽にお問い合わせください。[email protected]

コメント