松坂大輔の引退会見にドン引きの声…「無免で身代わり出頭させたくせに」

今季限りで現役引退する西武ライオンズの松坂大輔投手が10月19日、埼玉県所沢市の球団事務所で会見を行った。その発言に注目が集まっている。

松坂投手は試合前の会見で記者から家族について質問されると、感情をあらわにし、「辞めると報告したとき、泣いていた。妻に電話をしたら息子がいて『長い間お疲れさまでした』と言ってもらった。いい思いをさせてあげられたかもしれないけど、家族なりにストレスもあったと思う」と答え、目に涙を浮かべた。

また、「これまでは叩かれたり、批判されることに対して、それを力に変えて跳ね返してやろうってやってきたけど、最後はそれに耐えられなかった。もう最後、本当に心が折れたというか、今まではエネルギーに変えられたものが…受け止めて跳ね返す力がもうなかったですね」と語り、肉体だけでなく精神的にもかなり疲弊していたことを明かした。

ネット上では、妻でフリーアナウンサーの柴田倫世にまで誹謗中傷が及んだことで、怒りの声が殺到している。

《最後の登板見て泣きそうになりました。それにしても関係ない奥さんをディスるって悪意ありすぎだろ。マジでそういうのはやめてほしいわ》

《松坂ほどの選手になると家族への風当たりも相当キツいんだろうな。奥さんへの誹謗中傷は絶対に許せない》

《柴田アナは何を言われたんだろ。マジ許せんな》

「少なからず批判されるのは仕方ない」

一方で、妻の柴田との関係を〝美談〟にするなという厳しい声も広がっている。

《松坂って柴田アナに会いに行くたびに駐車違反を繰り返し、しかも無免許だったよね。最後はスピードスケートの黒岩彰を身代わりにして警察へ出頭させてた。柴田アナもだんまり決め込んでたし、たいがいだろ》

《誹謗中傷はよくないけど、松坂自身もやらかしまくってるからな。しかも奥さんは太りやすい松坂の体調を管理できてないし、少なからず批判されるのは仕方ないだろ》

《松坂が無免で違法駐車してたの柴田も絶対知ってたはず。当時しらばっくれてたのもめちゃ印象悪かった》

誹謗中傷は絶対によくないが、このような声が漏れてくるのは、やはり〝身代わり出頭〟が相当強くファンの記憶に残っているからかもしれない。

引用元:https://weekly-jitsuwa.jp/archives/36426,記事の削除・修正依頼などのご相談は、下記のメールアドレスまでお気軽にお問い合わせください。[email protected]

コメント