芸能界の不倫「シタ妻」「サレ妻」その後!篠原涼子は14歳下アイドルと密会重ね…

今年7月に俳優・市村正親との離婚が明らかになった篠原涼子。一昨年に別居が報じられ、不仲説・離婚危機説が囁かれた際には、「基礎疾患のある市村の新型コロナ感染のリスクを減らすため」と説明していたが、篠原は2人の子供の親権を市村に渡して離婚した。

「その裏に、韓流アイドル、グァンスとの熱愛があったと報じられています。すでに篠原は、都内の高級マンションでグァンスと密会を重ねており、お揃いのアンクレットを着けてラブラブ状態。何でも、ひと回り以上年下の彼に篠原の方がドップリと惚れ込んでいて、グァンスは〝束縛が激しい〟と周囲に漏らしているとも。それでもグァンスは毎日、篠原の待つマンションに真っすぐに帰って、多くの時間をともに過ごしているようです」(女性誌記者)

つまり、篠原は24歳年上の市村と子供を捨て、14歳年下の韓流アイドルに走ったということか。

「〝若い男との関係に溺れた〟と想像されても文句は言えませんよ。48歳の篠原が、あらためて女としての人生を求めたということでしょう。彼女は、かつてトリンプ『天使のブラ』のCMで、見事にシェイプアップされたウエストと、ふっくらと深いバストの谷間を見せてくれており、スタイルは抜群。70代の市村では、とても満足させることはできなかった。市村も若く美しい妻の満たされぬ思いを知り、離婚を回避するために〝浮気許可〟を出していたともウワサされていますが、篠原の心をつなぎ止めることはできなかったようですね」(同・記者)

グァンスは182センチの長身イケメン。2016年から21カ月間の兵役も務め、そのボディーはバキバキのマッチョ体型。市村が気の毒になるほど、男としてのスペックは何もかもが違い過ぎる。

「韓国男性はストレート。フィジカルに自信があるためか、とにかく回数が多いタイプが多く、ガンガン責めてくる。しかも、女性に奉仕させたがるオラオラ系。篠原は、そんな強引さが女として求められる喜びになっている可能性は高そう」(同)

三田寛子は夫が不倫を繰り返すたびサイズアップ!?

一方、意外な完熟ぶりが常に注目される三田寛子は、今年の年明け早々、歌舞伎俳優の夫・中村芝翫に、4年ぶり二度目の不倫報道が飛び出した。

「相手は、2回とも十数年前からの知り合いだといいますから、三田の精神的なダメージは実は大きいはずですが、前回も今回も、マスコミに対しては神対応。隔週レギュラーを務めるTBS系『ひるおび!』にも騒動直後に予定通り出演し、〝いろんなことがありますからね~〟と突っ込まれ、笑顔のまま首を傾げるという茶目っ気を見せ、司会の恵俊彰らを感心させていました」(ネットライター)

実はネット上で、同番組に出演する三田は〝デカいおばさん〟と陰口されている。

「どうも、彼女はピッチリしたニットがお気に入り。前にも横にも張り出した推定〝F級〟を堂々アピールし、江藤愛アナと競うように悩ましい姿を量産してくれています。夫が不倫を繰り返すたびに、サイズアップしてきているような気も。耐えれば耐えるほど、エロティックなカラダになっていくのかもしれませんね」(同・ライター)

「した妻」「され妻」、どっちも艶さはナイスだ!

引用元:https://weekly-jitsuwa.jp/archives/36593,記事の削除・修正依頼などのご相談は、下記のメールアドレスまでお気軽にお問い合わせください。[email protected]

コメント