『サンモニ』関口宏、工藤会の判決への“不思議”な発言に批判殺到!

関口宏さん(78)が自身が司会を務める『サンデーモーニング』(TBS系)で、工藤会会長への死刑判決に対する“ある発言”をし、ネット上で批判を受けています。

関口さんのある“問いかけ”に物議

8月29日の放送では、24日に福岡地裁が、特定危険指定暴力団「工藤会」のトップで総裁の野村悟被告(74)に対し死刑、ナンバー2で会長の田上不美夫被告(65)に対し無期懲役の判決を下したことを報道。

このVTRを見た関口さんは、キャスターの松原耕二氏に「不思議な展開になったように見えますが」と問いかけます。

この問いかけに松原氏は「驚きましたね。相当踏み込んだ判決だったと思います。組員が犯行を犯しても、トップまではなかなか証拠がないということで行かなかった。裁判所としてはとにかく証言を重ねることでトップの責任も問う、という判決を出したのではないか」と解説しました。

キャスターの松原耕二氏

ネットユーザーの声

関口さんが「不思議な展開」と表現したことについて、ネット上では

「不思議という感覚がもはや老害です。適当に思いついたことを口にしてるんだろうけど、さすがに終わってる」

「被害者の立場に立って考えることができない人」

「この番組ってどこを向いて放送してるんだろう? 普通の市民感覚ならこの判決に不思議とは思わず画期的と思うくらいの感情なんだけどな。世間の常識とはずいぶんかけ離れた感覚をお持ちのようで」

などと、批判の声が寄せられています。

テレビ誌ライターはこう話します。

「状況証拠の積み重ねで死刑判決が出たという画期的な裁判でしたが、リベラル派と言われる関口さんにしてみれば、〝不思議〟と感じたようですね。しかし、罪のない一般市民が狙われた凶悪事件の判決を不思議とは、さすがに熱心な番組ファンも疑問に感じたようです。ネット上では関口の発言を擁護するかのような松原氏の応答にも非難の声が殺到しています。これでは〝老害〟と言われても仕方ないですよ」

あと数年後には80歳を迎える関口さん。ネット上では〝関口宏限界説〟も飛び交っており、まもなく番組終了の可能性もあるかもしれません。

引用元:https://www.hachi8.me/sun-hiroshi-sekiguchis-sentence/,記事の削除・修正依頼などのご相談は、下記のメールアドレスまでお気軽にお問い合わせください。[email protected]

コメント